バイク名義変更代行に任せれば面倒な手続き不要

バナー

バイク名義変更代行に任せれば面倒な手続き不要

個人売買の譲渡やオークションで手に入れたバイクの名義を、旧所有者から新所有者の名義へ変更するのをサポートするのがバイク名義変更代行です。

バイクの名義を変更するためには陸運局への届けが必要ですが、バイク名義変更代行は、名義変更に関する複雑な手続きを依頼者に成り代わって代行してくれます。

バイクの名義変更の代行選びをお手伝いします。

バイクの名義変更が必要になる対象は軽二輪、小型二輪、大型二輪で、場合によっては名義だけではなくナンバー変更が必要になることもあります。

バイクの名義変更では、バイクの名義変更と記載変更、税金の申告手続き、自賠責保険の変更手続きを行うことがスタンダードで、車検証または届済証の原本が必要です。
自賠責保険証明書は原本ではなくてもコピーがあれば名義変更できるので、名義変更する際はコピーを取ってバイク名義変更代行業者に提出します。

バイクの管轄地域が変わるとナンバープレートも変更しなければいけないので、名義変更前のバイクの管轄地域と新しく登録する管轄地域の場所が同じか確認しておくことが重要です。



バイクの旧所有者からは、権利を移譲したことを証明するために旧所有者の認印を押した譲渡証明書を提出してもらいます。

バイクの新しい所有者は認印を押した委任状と住民票を用意してバイク名義変更代行に提出します。

必要書類が揃うと、バイク名義変更代行が行政書士に依頼して、書類の余白部分に必要事項を記載して陸運局に提出し名義変更が完了します。

産経ニュースの情報を掲載しています。